なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸不動産を経営するときの管理会社の選び方とは?

賃貸不動産を経営するときの管理会社の選び方とは?

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸不動産を経営するときの管理会社の選び方とは?

管理会社は賃貸物件のメンテナンスだけでなく、入居者の対応などもおこなっている専門会社です。
そのため不動産投資においては欠かせない存在といえるでしょう。
そこで不動産を経営するときに知っておきたい、管理会社の選び方について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産経営における管理会社の選び方のポイント

不動産の賃貸経営では、管理会社に建物の管理や入居者に対するさまざまな対応を委託することになります。
地域密着型の管理会社なら、そのエリアの情報に詳しいメリットがあります。
そのためきめ細やかで、臨機応変な対応に期待できるでしょう。
一方で大手なら宣伝力が高いため、賃貸物件を探している方の目に留まりやすい特徴があります。
このほか選び方には、以下のポイントがあります。

●入居率が高い・空室期間が短い
●担当者との相性がよい


入居率の高さ・空室期間の短さは、集客力に優れた管理会社と判断できます。
また担当者は長く付き合うことになるため、相性の良い人であるかどうかがポイントです。

不動産経営における管理会社の選び方と注意点

不動産経営では、管理会社の選び方にいくつかの注意点があります。
たとえば入居者トラブルで多い騒音は、当事者が直接やりとりするとより大きな問題に発展しがちです。
そこで管理会社が問題解決にあたりますが、入居者トラブルに対して迅速に対応しているかどうかが注意点です。
コールセンターがなかったり、担当者一人あたりの担当戸数が多かったりすると、対応が遅れるかもしれません。
このほかの注意点として家賃滞納が多すぎる会社は、手際よく家賃を回収できていない可能性があります。

不動産経営における管理会社の選び方と付き合い方

不動産経営において、管理会社の選び方にはいくつかの種類があります。
それぞれ特徴が異なるため、物件の状況によって付き合い方を決めるのがおすすめです。

一般媒介

一般媒介は、オーナーが基本的な管理業務全般をおこない、管理会社は入居者募集のみをする付き合い方です。
多くの物件を所有しているなら、入居者募集を広くおこなえる一般媒介がおすすめです。
なお複数の会社と媒介契約を結べますが、会社ごとの信頼関係は浅くなりがちです。
そのため担当者とのコミュニケーションに注意してください。

専任媒介

専任媒介は、一社のみと媒介契約を結ぶ付き合い方です。
基本的な管理は自身でおこなうものの、担当者と深い信頼関係を築けます。
そのため深い付き合い方をしていきたい方に、おすすめの方法です。
所有する物件数が少ない場合は、きめ細やかな対応を期待できる専任媒介がおすすめです。

不動産経営における管理会社の選び方と付き合い方

まとめ

不動産経営で知っておきたい、管理会社の選び方についてご紹介しました。
入居者への対応だけでなく、空室対策においても選び方は重要なポイントです。
また管理方法によって付き合い方も変わるため、不動産を経営する際はしっかりと比較検討するのがおすすめです。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の無断転貸で生じる問題点とは?適切な対応方法もご紹介   記事一覧   不動産管理における粗大ゴミの不法投棄について解説!|次へ ≫

トップへ戻る