なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸不動産のオーナー様必読!入居者によるごみ捨てトラブルの対処法

賃貸不動産のオーナー様必読!入居者によるごみ捨てトラブルの対処法

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸不動産のオーナー様必読!入居者によるごみ捨てトラブルの対処法

賃貸物件では入居者によるトラブルが発生することも珍しくないですが、ごみ捨てのルールを守らない人は時々いらっしゃいます。
今回は賃貸不動産のオーナー様に向けて、入居者がごみ捨てのルールを守らない場合のトラブルと対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産のオーナー様へ!ごみ捨てのルールを守らない入居者の具体例

賃貸不動産のオーナーをされていると、さまざまな入居者トラブルに遭遇するでしょう。
騒音トラブルなども多いですが、ごみ捨てのルールを守らないことによるトラブルも多いです。
賃貸不動産を経営する際はトラブルの芽をつむためにどんなひとがルールを守らない傾向にあるのか知っておくと安心です。
ルールを守らない入居者は比較的、外国籍の方や若者の一人暮らしの方の可能性が高いとされています。
これは言語の壁でルールの正しい理解が難しいことや、若者の場合は一人暮らしにまだ慣れていないことによるものが多いです。
もちろん一概には言えませんが、ファミリーなどと比較してやはりトラブルは増える傾向にあるようです。

不動産のオーナー様へ!入居者のごみ捨てトラブルとは?

賃貸不動産でごみ捨てルールを守らない入居者が多いとどんなトラブルが発生するのでしょう。
ごみ捨てトラブルで多いのは、正しく分別をしていなかったり捨てる曜日を間違えることでごみが回収されず残っているケースです。
ごみ置場にごみがそのまま残ってしまうと、カラスや虫などがよってきてごみが荒らされてしまいます。
衛生上も問題ですし、夏場は腐敗して臭いなどの新たなトラブルを招きます。
残置されているごみが誰のごみか特定できないときは、管理者が分別や掃除などの対処をすることになってしまいます
粗大ごみなどの大きなごみの場合は廃棄にも費用がかかりますし、対処に困ってしまいますね。

不動産のオーナー様へ!ごみ捨てのルールを守らない入居者への対処法

ごみ捨てのルールを守らない入居者にはどんな対処法があるのでしょう。
まず基本的には文書での通知になり、エントランスなどに注意文を提示するのがおすすめです。
共用部に提示しても効果がない場合は、個々のポストに投函して意識づけを行いましょう。
住民同士の関わりが薄いと当事者意識が芽生えにくく、なかなか改善がのぞめないかもしれません。
不動産のオーナー様ご自身が頻繁に顔を出すことで、気にかけていることをアピールするのも良いでしょう。

不動産のオーナー様へ!ごみ捨てのルールを守らない入居者への対処法

まとめ

今回は賃貸不動産のオーナー様に向けて、入居者がごみ捨てのルールを守らない場合のトラブルと対処法についてご紹介しました。
ごみ捨てトラブルが発生したらやはり根気強くルールを通知していくことが大切です。
ごみ捨て場が衛生的でない場合不動産自体の印象も悪くなってしまうので、ルールは徹底してもらうようにはたらきかけましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件や空室対策に有効な「住宅セーフティネット制度」の補助金とは?   記事一覧   不動産管理者は必見!入居率アップ施策のSOHOについて解説|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る