なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 管理不動産のエアコン交換時期はいつ?適切なタイミングを見極める方法とは

管理不動産のエアコン交換時期はいつ?適切なタイミングを見極める方法とは

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

管理不動産のエアコン交換時期はいつ?適切なタイミングを見極める方法とは

管理する不動産にエアコンを設置している場合、不動産管理者にはそのエアコンを問題なく使える状態にしておく義務があります。
しかし、交換の方法や適切なタイミングがわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産を管理している方、これから不動産管理を検討している方に向けて、エアコン交換の方法やタイミング、費用の相場などについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産管理者がエアコン交換をおこなう方法とは

不動産を管理するのであれば、経年劣化した設備への対応は避けられません。
集合住宅をまるごと管理していたり、同じ建物内に複数の管理物件を所有している場合は、同時期に多数のエアコン交換が必要になる場合もあります。
前もってエアコン交換のスケジュールをたて、故障する前に計画的に交換を進めるという方法も視野に入れておきましょう。
エアコン交換は、遅かれ早かれ必ず必要になります。
そのため、エアコン交換にかかる費用も計画的に積み立てておくと安心です。
また、エアコンなどの設備はリース業者を利用するという方法もあります。
多くのリース業者は、保証期間内であればメンテナンスや修理を無料で対応してくれるほか、リースを利用することで最新の設備を取り入れやすいというメリットも。
家電の充実は入居者の満足度をアップさせるだけでなく、入居率の向上にもつながりそうですね。

管理不動産のエアコン交換をおこなう最適なタイミングとは

多くの電気メーカーは、エアコンの寿命を7年から10年ほどと想定しています。
7年をすぎると不具合の発生率が上がると考えておきましょう。
このことからも、エアコン交換の適切なタイミングは設置から7年たった頃だといえます。
しかし、実際のエアコン使用年数は平均13.6年ほどといわれており、使用頻度や管理状況によっても寿命は異なるようです。
定期的にメンテナンスを実施しておくことで、エアコンの寿命を延ばすという考え方もあります。
また、寿命に関係なく突発的な理由で故障が起こる可能性も考えておかなければなりません。
入居者に責がある場合は、基本的に修繕費を入居者が負担することになりますが、予期せぬ災害などが原因の場合は、管理者側が対応することになります。
修理にかかる費用の相場は幅広く、1万5千円ほどで済むこともあれば15万円ほどかかる場合も。
修理費用の内容によっては、思い切って交換を考えることもおすすめします。
交換の場合の費用相場は、新品、工事費込みで7万円から15万円ほどです。

管理不動産のエアコン交換をおこなう最適なタイミングとは

まとめ

不動産管理を長く安定しておこなっていくためには、エアコンなどの修繕費用を計画的に積み立てておく必要があります。
また、定期的なメンテナンスを実施することで、エアコンの寿命が延びて結果的にコストカットにつながる場合も。
不動産管理には、長期的な視野を持って取り組むようにしましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|違法建築物の不動産投資の事例3選と注意点   記事一覧   賃貸物件でエレベーターを設置する際の注意点などを解説!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る