なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産管理者が知っておくべき!アパートローンの審査基準と必要期間とは?

不動産管理者が知っておくべき!アパートローンの審査基準と必要期間とは?

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

不動産管理者が知っておくべき!アパートローンの審査基準と必要期間とは?

一般的な住宅ローンと、アパートローンの違いについて知っていますか?
賃貸住宅の不動産管理を検討されている方であれば、アパートローンの審査について不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産管理をしている方や検討している方に向けて、アパートローンの審査基準や審査期間についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産管理者がアパートローンの審査でクリアすべき基準とは?

一般的な住宅ローンは居住用の不動産を購入するためのローンであるのに対し、アパートローンは商業用や投資用の不動産を購入するためのローンです。
そのため、返済原資が「賃貸収入」になるという特徴を持っており、本人の属性以外にアパートの経営状態も重要な審査基準となります。
アパートローンの審査の際には、不動産管理するアパートが事業として成り立っているのかどうか、返済にあてられる家賃収入がどの程度見込まれるのかどうかが審査の大きなポイントになると考えておきましょう。
その他の審査基準としては、年収(給与収入だけでなくすでに運用している不動産があるのであればその収入も含む)をはじめ、金融資産や自己資金、その他のローン残債や返済負担率など。
さらに、勤務先の規模や業種、勤続年数なども審査されます。
支出にかかわることから扶養家族の数を審査されたり、健康状態や年齢が審査基準になる点は一般的な住宅ローンと同様です。
また、メガバンクは比較的低金利で借り入れが可能ですが、審査が厳しいという特徴があります。
政府が出資をおこなう日本政策公庫は、金利が低めで審査基準も比較的やさしいとされていますが、融資期間が短く上限額が低い傾向にあるので注意しましょう。

不動産管理者がアパートローンの審査を受けるために必要な期間とは?

アパートローンの審査に必要な期間の目安は、1か月程度です。
申請者が明らかに審査基準をクリアしていたり、逆にまったく審査基準に満たないと判断された場合には、最短1週間程度の期間で審査が終わることもあります。
また、すでに不動産管理の実績があり、長期間にわたって安定した取引がある場合などにも、審査期間が短くなるケースが多いようです。

不動産管理者がアパートローンの審査を受けるために必要な期間とは

まとめ

アパートローンには、住宅ローンとの違いがたくさんあります。
賃貸収入が返済原資になることからも、収益性の高い物件やを見極めることが審査を通過するための重要な条件といえるでしょう。
また、その他の借金を返済したり年収を上げるなどして、自身の属性を改善するために何ができるのかを検討することもおすすめします。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|敷金礼金の設定はどうする?不動産オーナー様の関わり方   記事一覧   賃貸不動産の「金利上昇リスク」にオーナーが備える!基礎知識と対処法|次へ ≫

トップへ戻る