なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸経営を行う際に注意しておきたい台風対策とは?

賃貸経営を行う際に注意しておきたい台風対策とは?

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸経営を行う際に注意しておきたい台風対策とは?

自分で気を付けていても、回避できないこともありますが、自然災害もそのなかの一つです。
台風が来るたびに不安になる方も多いかもしれませんが、賃貸経営している方は、自身の家だけでなく賃貸物件についても台風対策をしておく必要があります。
ここでは、台風の通過前に考えておきたいことと、通過後に考えたいことについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸の台風対策で通過前に考えておきたいこと

賃貸の台風対策として台風の通過前にしておきたいことは、ずばりいざというときのための備えです。
具体的に言うと、火災保険などに入っておくことがとても大事です。
なぜなら、台風などの災害によって、さまざまな損害を受ける可能性があるからです。
たとえば、賃貸経営をしている物件が壊れてしまい、その修繕費用が高額になってしまうこともありますし、建物が滅失してしまい、入居者に家賃の請求ができなくなってしまい家賃収入がなくなってしまう可能性もあります。
また、建物が残ったとしても修理に長い期間が必要になってしまった場合は、入居者が出ていってしまうこともあるでしょう。
火災保険にはいろいろなものがありますので、加入する場合は内容をよく把握してから選ぶようにしましょう。
水害の補償があるものとないものとがありますので、そのあたりについてもよく考えて判断することをおすすめします。
あらかじめ、水害被害に遭いそうな場所に建物があるかどうかチェックしておき、被害に遭う可能性がある場合は、高額になってしまいますが、水害の補償があるものを選ぶほうが良いでしょう。

賃貸の台風対策で通過後に考えておきたいこと

台風対策で通過後に考えておきたいことは、被害があるかどうか隅々まで確認して、被害があった場合は証拠として写真を撮っておくことです。
なにかが飛んできてガラスなどにぶつかり割れてしまったときは、ガラスも割れてしまった窓なども写真に撮っておきましょう。
床上浸水になったときは、その被害がわかるように、物差しなどを壁にあてて写真を撮っておきましょう。
通過後は、掃除などやることも多く大変かもしれませんが、落ち着いて対応しましょう。
台風は、大家さんにとっても入居者にとっても不安なものですが、日頃から備えておくことで極力安心して暮らせるようにしたいものです。

賃貸の台風対策で通過後に考えておきたいこと

まとめ

賃貸の台風対策として、通過前にできることと通過後にできることがあります。
日頃から備えておくことで万が一のときも被害を抑えることができますので、是非火災保険への加入もあわせて検討してみてください。
可能であれば、水害補償があるものがおすすめです。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産管理者は必見!入居率アップ施策のSOHOについて解説   記事一覧   敷金礼金の設定はどうする?不動産オーナー様の関わり方|次へ ≫

トップへ戻る