なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の管理における清掃の種類やポイントを解説!

賃貸物件の管理における清掃の種類やポイントを解説!

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸物件の管理における清掃の種類やポイントを解説!

賃貸物件の管理をしている方は、どのくらいの頻度清掃をおこなっているでしょうか。
清掃は管理のなかでも重要な仕事で、怠るとなにかと問題も起きます。
ここでは、賃貸管理における清掃の重要性を解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸管理における清掃の種類

ただの掃除といっても、種類は2つほどあるので解説します。

日常清掃

こちらの種類は、日常的に出てくるゴミを掃除するものになります。
マンションであればエントランス、廊下、ゴミ捨て場など、共用部分の掃除が主です。
共用部分は日常的に目にする部分なので、ここを綺麗にしておかなければ居住者もいい気分はしませんし、入居希望者も契約を見送ってしまう可能性があります。
日常的に掃除をすることは入居率の面でも非常に重要です。

定期清掃

こちらは、日常の掃除では落としきれない汚れなどを落とすための掃除です。
普段はおこなわない、床のワックスがけや高圧洗浄などをおこなっていきます。
日常的にやる掃除ではないものの、定期的におこなっておかないと汚れが目だってしまうので、こちらも基本の掃除になります。
清掃の頻度は年に1回から2回程度の場合が多いです。

賃貸管理における清掃のポイント

ここからは、清掃会社などを選ぶポイントを解説していきます。

スタッフによるクオリティ差

同じ会社のスタッフでも、人によって掃除の徹底度合いが違う可能性があります。
何度か掃除をしてもらってから、スタッフが変わっても掃除レベルが変わっていないかをチェックポイントとしておきましょう。

掃除後の報告

掃除をおこなった後、スタッフさんがどこをどれくらい掃除したのかを報告してくれるのは、いい会社が多いです。
もちろん、報告を受けた後に本当にそのレベルで掃除がされているかのチェックはおこなっておきましょう。
しかし、詳しく報告するということは、それだけ自信があるということなので、信頼度は高いと考えてよいです。

費用

費用に対して雑な掃除をしていないか、極端に安すぎないかなどもチェックポイントになります。
また、どんなによいレベルの掃除をしてくれていても掃除にかける費用ではないという場合にも、少し検討したほうがよいでしょう。

賃貸管理における清掃のポイント

まとめ

賃貸管理は基本的に委託会社に任せることが多いと思いますが、自身が管理しない分、信頼できる会社を選ばなければなりません。
居住者を維持し、新しい入居者に入ってもらうためにも、日々の掃除はレベルの高いものを提供してくれる会社を選びましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸管理における空室対策の一つホームステージングとは?   記事一覧   賃貸管理の上で床をフローリングに変更する方法について|次へ ≫

トップへ戻る