なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の空室対策でインターネット無料にする魅力を解説

賃貸物件の空室対策でインターネット無料にする魅力を解説

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸物件の空室対策でインターネット無料にする魅力を解説

最近、賃貸物件の空室対策として、インターネット無料にするケースが増えています。
なぜこれが人気なのか、メリットデメリットも交えながら解説していきますので、興味がもてたら参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における空室対策としてインターネット無料が人気の理由とは

そもそも、なぜ空室対策としてインターネット無料が人気になっているのかを解説します。

誰もがスマホをもっている

昨今ではスマホの普及が一般化し、誰もがスマホをもっている状態です。
そのなかで、Wi-Fi環境がないと通信制限になったりと、多く使う方も増えているので、家にはWi-Fiがあったほうがよいというのが人気の理由になっています。

ネット代は高い

回線の契約をするにしても、賃貸物件では3000円から4000円、高ければ5000円以上のネット代を支払わなければなりません。
毎月これだけの額を支払うのはある程度家計に響きますが、インターネット無料にしておくとこの費用がなくなるのが人気の理由になっているようです。
Wi-Fiがほしいけど、契約すると高いと思い、賃貸物件を探すときにもインターネット無料と検索をして探す方も増えているほどです。
そのためネットが無料である旨を詳細に記載しておくだけで空室対策になります。

賃貸物件の空室対策としてインターネット無料にした際のメリットデメリット

もちろん、良い部分もあれば問題点もあるので、それぞれ解説していきます。

賃料を下げずに物件の価値が上がる

周囲に賃貸物件が乱立しているなか、自身の物件だけネット無料にしておくことによって、価格を下げずに価格競争から抜け出せることになります。
そうなればずるずると起きていた価格競争もなくなり、一人勝ちできるのでメリットが大きいです。

退去率が下がる

ネットが無料になっているのは入居者にとって大きな魅力です。
ネットが無料であれば入居者は長く物件に住んでくれるので、入居率が維持しやすく、退去率を下げることにも繋がります。

設置費用がかかる

当然ですが、ネットを物件に引くには設置費用がかかります。
有線の場合は30万円、無線の場合は20万円程度が必要になってきます。
また、維持費は有線で1万5000円、無線は1万円程度です。
有線のほうが回線の速度などの面で重宝されますので、余裕がある場合は有線を設置しておいたほうが空室対策になるでしょう。

賃貸における空室対策のインターネット無料のメリットデメリット

まとめ

賃貸経営をするうえで、入居者の需要を満たすことは入居率に大きな影響を与えます。
空室に悩んでいるなど、経営をうまくいかせたい場合は、メリットデメリットを把握したうえでインターネット無料を導入してみると改善されるかもしれません。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産管理者を悩ませる騒音トラブル!主な原因と対策とは?   記事一覧   賃貸物件のクリーニングはオーナー負担?退去後の部屋はこう対応しよう!|次へ ≫

トップへ戻る