なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資をはじめるなら若いうちがおすすめ

不動産投資をはじめるなら若いうちがおすすめ

不動産投資をはじめるなら若いうちがおすすめ

アパートやマンション投資をはじめるタイミングで、頭を悩ませる方は意外と少なくありません。
もう少し勉強してから、資金が溜まってから、と考える方も多いですが、実は早めにスタートしたほうがよいといわれていることをご存じでしょうか。
本記事では、不動産投資を若いうちからはじめるのが良い(有利)理由、注意点やポイントなどについて解説をします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資を若いうちにはじめるのが良い(有利)理由

不動産投資を、若いうちからはじめるのが良い(有利)理由としては、長期にわたりリターンを得られることが挙げられます。
現在は、人生100年時代といわれているため、仮に寿命を100歳としましょう。
この場合、50歳から投資をはじめると、リターンを得られるのは50年です。
しかし、20歳から始めれば、80年もリターンを得られるのです。
また、やり直しがききやすいのもおすすめポイントといえるでしょう。
50歳から投資をはじめて、失敗したとなるとなかなかやり直しはできません。
しかし、若いときに失敗しても、それを糧に新たなチャレンジができます。

不動産投資を若いうちにはじめる注意点やポイント

若いうちに不動産投資をはじめるのはおすすめですが、いくつか注意点やポイントがあるので覚えておきましょう。
まず、注意点としては、ローンの審査がとおりにくいことが挙げられます。
金融機関の審査では、年収や勤続年数などを調べられ、きちんと安定した運用ができるかどうかも審査されます。
若い方は、年収や勤続年数などで勝る、40~50代の方に比べるとやや不利になってしまうことがあるのです。
結果的にローンの審査が通らず、物件が購入できないといったことにもなりかねません。
また、40~50代の方に比べ、若い方は知識や経験が少ないため、運用で失敗してしまう可能性があります。
魅力的な物件を手に入れられても、誤った手法で運営してしまっては、安定した利益を得られません。
ただ、今の時代はインターネットでさまざまな情報を入手できます。
さまざまな情報を収集し、勉強を続ければ、年齢の差に関係なく安定した運用ができる可能性はあるでしょう。

不動産投資を若いうちにはじめる注意点やポイント

まとめ

不動産投資を若いうちからはじめると良い(有利)といわれる理由や、注意点、ポイントなどについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
たしかに、40~50代の方に比べると不利な部分もありますが、若い方でもポイントをきちんとおさえて臨めば、安定した利益を得られます。
早いうちからチャレンジし続ければ、どんどん知識量も増えていくでしょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資一棟目が大切な理由について解説   記事一覧   賃貸物件の管理では部屋のにおいにも注意!原因や対処法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る