なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の経営では空室対策が大切!入居者募集のコツや注意点とは?

賃貸物件の経営では空室対策が大切!入居者募集のコツや注意点とは?

賃貸物件の経営では空室対策が大切!入居者募集のコツや注意点とは?

賃貸物件を経営する際は、空室対策が重要です。
入居者がいないと家賃収入を得られないため、募集のポイントを押さえて、安定した経営を目指しましょう。
今回は賃貸物件の入居者を募集する方法について、コツや注意点なども踏まえながらご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の入居者募集にはどのような方法がある?

賃貸物件の経営を安定させるためには、できるだけ空室を少なくすることが重要です。
そのためのポイントの一つが、入居者を募集する方法です。
主な方法としては、以下の3つが挙げられます。

●インターネットを利用する
●チラシを配布する
●入居者や退去者などから紹介してもらう


なかでも大きな効果が期待できる方法は、インターネットでしょう。
近年は賃貸物件探しに使われることが多いですし、幅広い方に見てもらえることもメリットです。
なお、インターネットに情報を掲載する際には、押さえておきたいコツがあります。
それは「家賃の記載方法を工夫すること」です。
たとえば家賃8万2千円の物件は、家賃の範囲を「8万円まで」で検索した場合にはヒットしません。
このような場合は「家賃8万円・管理費2千円」に分けると、「8万円まで」で検索した際にもヒットします。
インターネットで検索した際になるべくヒットするためには、家賃と管理費の振り分けをうまく考えましょう。

賃貸物件の入居者を募集する際に押さえておきたい注意点とは?

先述したような方法で募集していても、賃貸物件の入居者がなかなか集まらないこともあるでしょう。
その際は、以下の注意点をチェックしてみましょう。

●家賃や敷金、礼金などは適正な価格か
●物件の設備などに問題はないか


近年はインターネットで手軽に比較できるため、周囲の賃貸物件よりも家賃の設定が高いと、入居者は決まりにくいと考えられます。
家賃は相場を参考にしながら設定し、値下げが難しいときは「1か月無料」のようなフリーレントを付けることも検討してみましょう。
また「洗濯機置き場が外」など、設備がネックになっている可能性もあります。
一度設備を見直してみて、費用対効果が見込める場合は改善も検討すると良いでしょう。
自分だけでは判断が難しい場合は、管理会社に相談してアドバイスをもらうこともおすすめです。

賃貸物件の入居者を募集する際に押さえておきたい注意点とは?

まとめ

賃貸物件で入居者を募集するときは、インターネットを中心に掲載すると効果が期待できます。
他にも方法はあるので、いろいろと試してみましょう。
なお、募集の際にとくに覚えておきたい注意点は、適切な家賃設定を心がけることです。
相場よりも高いと入居者が決まらず、空室期間が長引いてしまうので気を付けましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件を管理する際に知っておきたい「鍵交換」について   記事一覧   賃貸物件の家主には火災報知器の設置義務がある?費用の相場や設置場所を解説|次へ ≫

トップへ戻る