なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > アパートに防犯カメラを設置するときの注意点とは?かかる費用と管理方法をご紹介!

アパートに防犯カメラを設置するときの注意点とは?かかる費用と管理方法をご紹介!

アパートに防犯カメラを設置するときの注意点とは?かかる費用と管理方法をご紹介!

賃貸アパートの経営や管理のために、防犯カメラを設置すると、さまざまなメリットがあります。
今回は、賃貸経営をされている大家さんに向けて、アパートの防犯カメラの管理方法や注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

アパートの防犯カメラの設置場所は?管理しやすいのは?

賃貸アパートに防犯カメラを設置する場所は、人から見える場所、見えない場所のどちらが良いのでしょう。
まず人から見える場所に設置する場合、防犯カメラとしてだけでなく犯罪の抑止力としても効果があります。
防犯カメラが設置しているアパートであることが外部からも分かれば、セキュリティに力を入れているというアピールにもなり、空き巣などから敬遠される傾向にあります。
さらに、入居希望者が内見にきた場合も好印象ですので、入居率の向上にもつながります。
しかし、人から見える場所に設置されていると、防犯カメラの死角が分かりやすいというデメリットもあります。
一方で、人から見えない場所に防犯カメラを設置すると、犯罪の抑止力としての効果は低いでしょう。
しかし、見えない場所に設置すれば、アパートの住民が「監視されている」と感じるストレスを与えないというメリットがあります。

アパートに防犯カメラを設置する費用は?レンタルと購入の管理の比較

アパートに防犯カメラを設置する場合、レンタルと購入で費用は異なります。
購入の場合は防犯カメラ1台で約10万円からと、さらに設置費用がかかります。
レンタルであれば、防犯カメラ1台で月々約5,000円が相場で、初期費用はかからないことが多いです。
レンタルは保守サービス体制が充実しているので、管理がしやすいというメリットもあります。
長期的に考えると、レンタルのほうがコストは割高ですが、購入の場合は管理の手間や故障のリスクがあります。

アパートに防犯カメラを設置して管理するときの注意点とは?

アパートに防犯カメラを設置する注意点として、入居者のプライバシー保護があります。
設置場所を決めるときは、ベランダや室内、宅配ボックスの暗証番号などが写り込まないか、十分に検討する必要があります。
そして、防犯カメラの設置目的や設置場所、撮影範囲、映像の取り扱いについてを入居者に連絡しておきましょう。
また、アパート内のトラブルなどで入居者が防犯カメラの映像を見せてほしいと言ってきた場合も、プライバシーの侵害にあたるため、映像を見せることは避けるべきです。
防犯カメラの映像を見ることができるのは、大家、管理人、管理会社などに限定して、適切に管理しましょう。

アパートに防犯カメラを設置して管理するときの注意点とは?

まとめ

アパートに防犯カメラを設置する際には注意点もありますが、犯罪の抑止や入居率の向上などのメリットも多いです。
設置の際は入居者のプライバシーの保護に十分配慮し、映像の管理は厳重におこないましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|アパートの管理人は合鍵を持っているべきなのか?合鍵を使用する際の注意点をご紹介   記事一覧   賃貸物件の修理はどこまで大家が負担するのか?範囲や注意点についても解説|次へ ≫

トップへ戻る