06-6115-1177

営業時間:09:00~18:00 

定休日:水曜日

メニュー

なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 老朽化した物件を解体したい!立ち退きを要求する方法をご紹介

老朽化した物件を解体したい!立ち退きを要求する方法をご紹介

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

老朽化した物件を解体したい!立ち退きを要求する方法をご紹介

管理している物件の築年数が長くなってくると設備の故障が増えてくるため、修理費用などのコストも増える可能性があります。
そのため、老朽化が進むにつれて建物を解体してオーナーをやめたい、新しく建て直したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、老朽化した物件の解体を理由に立ち退きを求める方法や注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

老朽化した物件を解体するために立ち退きを求める方法とは?

入居者に解体を理由に立ち退きを求めるには、まず早いタイミングで通達を出して知らせる必要があります。
なぜなら、いきなり退去を求められても新しい住まいを探すまでの時間がなく、トラブルの原因になってしまうからです。
まずは書面で通達を出し、そのあとに直接口頭で説明したうえで入居者ごとの意思をしっかり確認するのがおすすめです。
解体を決めた段階もしくは遅くても6か月前までに通達をすると良いでしょう。
また、解体が原因で退去することを求められた入居者は、新しい住まいに引っ越すために予定外のコストが発生してしまいます。
計画どおりのスケジュールで解体を進めるためにも、立ち退き料の支払いを早めに検討しましょう。
立ち退き料の金額に決まりはなく、相場は家賃の6か月程度といわれています。
新しい住まいに移り住むための初期費用や引っ越し費用などをまかなえる金額として、まずは算出してみるのがおすすめです。
通達と同時に立ち退き料を伝え、期日までにすべての入居者が退去を決めてくれるように話し合いを進めていきましょう。

老朽化による解体で入居者に立ち退きを求める際の注意点

老朽化による解体で入居者に立ち退きを依頼する場合の注意点として、通達の時期を考慮することが挙げられます。
通達が遅くなってしまうと入居者も新しい住まいを探すのが難しく、トラブルに発展する可能性があります。
遅くても6か月前まで、解体することが決定した段階で早めに通達の準備を始めるのがポイントです。
また、通達を出してもすべての入居者が承諾してくれるとは限りません。
物件の立地などを気に入って長く住みたいと考えている入居者もいるため、立ち退き料を出しても承諾してくれないケースはあるでしょう。
その場合は金額を増やして交渉する必要があります。
退去を拒否する入居者がいる場合、どのように交渉するのかについても、事前に考えておくのがおすすめです。

老朽化による解体で入居者に立ち退きを求める際の注意点

まとめ

老朽化による解体が原因であっても、立ち退きを求めるためにはすべての入居者から承諾を得なければなりません。
話し合いを少しでもスムーズに進めるため、通達時期と入居者への対応について早めに考え始めることが大切です。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|入居者が勝手にリフォームした場合のトラブル例や対処法をご紹介!   記事一覧   外壁改修工事のお知らせ|次へ ≫

 おすすめ物件


杉本町グランドハイツ

杉本町グランドハイツの画像

賃料
5.2万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内3丁目8-30
交通
杉本町駅
徒歩3分

三和ビル

三和ビルの画像

賃料
3.6万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区長居2丁目5-17
交通
長居駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.3万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

トップへ戻る

なにわシンデレラが選ばれる3つの理由

  • VRを活用した
    独自の集客力で
    客付け力UP!
  • 仲介業者との密な
    連携でスピード感
    のある空室改善
  • 経験豊富なスタッフ
    だから家主様第一の
    丁寧な対応

YES/NOチェック診断

Copyright(c) なにわのシンデレラ株式会社 All Rights Reserved.