06-6115-1177

営業時間:09:00~18:00 

定休日:水曜日

メニュー

なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理におけるオーナーが知っておきたい迷惑な入居者への対処法とは?

賃貸管理におけるオーナーが知っておきたい迷惑な入居者への対処法とは?

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸管理におけるオーナーが知っておきたい迷惑な入居者への対処法とは?

物件管理で悩ましいのが入居者間のトラブルです。
とくに特定の入居者の言動が常に問題になるような場合、ほかの入居者への影響を考えると早期対応が望まれます。
対処の仕方によっては問題がさらに大きくなる恐れがある入居者トラブルは、大家さんの悩みどころと言えるでしょう。
今回は、迷惑な入居者を抱えてしまった場合の大家さんの対処法について事例を交えてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸管理者必見!実際にあった迷惑な入居者のトラブル事例

迷惑な入居者の事例として多いのが、騒音・異臭・ゴミのトラブルです。
騒音は昼夜構わず大声を出したり楽器演奏をしたりするなどが考えられますが、人の出入りが激しかったり深夜や早朝のバイクや車のエンジン音が問題になったりすることもあります。
異臭トラブルとゴミトラブルはつながっていることが多く、大量のゴミを部屋に溜め込むと、においだけでなく害虫が発生することも問題です。
ゴミに関しては、部屋に溜め込む以外にルールを守った捨て方ができないこともトラブルの原因です。
近年では、ペットが原因のトラブルも増えています。
ペット不可物件で犬や猫を飼っているのはもちろん、ペット可物件であっても猛獣や珍獣が逃げ出して騒動になることもあります。
これら近隣にとって迷惑な入居者の多くはコミュニケーションをとるのが難しく、住人が直接本人に注意したことが遺恨になって根深いトラブルに発展することも多いです。
大家さんの耳に入った段階では、すでに解決のしようがないほど人間関係がこじれていたことも珍しくありません。

迷惑な入居者への効果的な対処法と注意点

長期間にわたって家賃滞納が続いているのなら強制退去という方法も考えられますが、迷惑行動を理由に入居者を強制退去させることは難しいです。
入居者は居住権で守られているので、一度入居したら基本的に家主が一方的に退去を迫ることはできないと心得ておきましょう。
「どうやって円満に退去させるか」ばかり考えていても、良いアイデアは浮かびません。
近隣とトラブルを起こす迷惑な入居者に家主ができる対応としては、まずは話し合いの場をもつことです。
その際、感情的にならないように注意しましょう。
相手の態度が悪いとつい言葉がきつくなりがちですが、大声や脅迫ととられかねない強い言葉は、録音されると訴訟問題に発展したときに不利に働きます。
良好な空気を保ちながらも毅然とした態度で、トラブルになっている問題行動を本人に伝えて、きちんと現状を認識させることが大切です。

迷惑な入居者への効果的な対処法と注意点

まとめ

単身世帯専用の部屋に同棲していたりペット不可物件で動物を飼っていたりするなどの規約違反を含めれば、迷惑な入居者は大変多いです。
話し合いがこじれたり近隣の退去が続いたりするようであれば、法的措置や警察への相談も考える必要があるでしょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸管理をしている物件のコンセントが壊れた場合の修理費用や対処法を解説!   記事一覧   アパートの共用部分にクモの巣ができた場合の対処法と予防法をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

なにわシンデレラが選ばれる3つの理由

  • VRを活用した
    独自の集客力で
    客付け力UP!
  • 仲介業者との密な
    連携でスピード感
    のある空室改善
  • 経験豊富なスタッフ
    だから家主様第一の
    丁寧な対応

YES/NOチェック診断

Copyright(c) なにわのシンデレラ株式会社 All Rights Reserved.