06-6115-1177

営業時間:09:00~18:00 

定休日:水曜日

メニュー

なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件が害虫被害を受ける原因や費用負担などについて解説!

賃貸物件が害虫被害を受ける原因や費用負担などについて解説!

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

e

女性や小さなお子さんのいる賃貸物件では、害虫被害を受けないようにしなければなりません。
窓に隙間があるなど害虫が発生する理由が複数あり、また階層によって被害を受ける頻度が異なります。
そこで賃貸物件で害虫被害を受ける理由や駆除費用などについて、ご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で害虫被害を受ける原因について

賃貸物件の中に虫が入ってくることがありますが、アリやゴキブリなどさまざまです。
いずれの場合もウイルスなどを運んでくるため、害虫被害を受けてしまうことがあるものです。
アリなどが侵入する原因に関しては、複数の理由が考えられます。
築年数が経っている住宅は、経年劣化によって虫が入り込みやすくなります。
それによって隙間ができてしまい、アリなど小さな虫が入り込みやすくなります。
ただ隙間が大きくなってくると、ゴキブリなど大きな虫が侵入してしまうようになります。
また日当たりが悪い住宅は湿気が多くなりがちなので、虫にとっては住みやすい環境と言えます。
そのため、日当たりの良い住宅に比べて害虫被害を受けやすくなってしまいます。

賃貸物件が害虫被害を受けた場合の駆除費用の負担

賃貸物件で害虫被害を受けた場合には、自分である程度は対応をしなければなりません。
虫が侵入しないように常に掃除をする、駆除剤や殺虫剤を使用するといった方法が一般的です。
しかし建物が老朽化している場合には、隙間がいろんな場所にできてしまい、虫が多く侵入してしまいます。
この場合には、大家さんが駆除費用を負担してくれることがあります。
また前に入居していた住民が正しい使い方をしていないことによって、虫が室内に入り込んでしまう可能性もあります。
誰が原因で害虫が発生してしまっているのか判断しにくい場合には、入居者が費用を負担する場合もあるので注意が必要です。

賃貸物件が受ける害虫被害と階層の関係について

害虫被害を受けやすい階層に関してですが、一般的に一階と二階は被害を受けやすいと言われることがあります。
三階や四階になると、下の階層に比べると害虫が入り込む頻度は低くなる傾向にあります。
マンションなど六階以上の階層では、下の階層に比べるとさらに害虫の発生頻度が低くなります。
ただいずれの場合であっても害虫の侵入がなくなるわけではないので、常に室内をきれいにしておくことが大切です。
また万が一の時のために、殺虫剤などを置いておくようにしましょう。

まとめ

賃貸物件はどの階層であっても、害虫被害を受ける可能性があることは理解しておきましょう。
駆除費用は必ず大家さんの負担になるわけではなく、自分で費用を負担しなければならない場合もあります。
害虫による被害を防ぐために、駆除剤や殺虫剤を積極的に活用しましょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸管理における廊下などの共有スペースのトラブルとは何か   記事一覧   不動産管理会社の役割や業務内容をご紹介!|次へ ≫

 おすすめ物件


杉本町グランドハイツ

杉本町グランドハイツの画像

賃料
5.2万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内3丁目8-30
交通
杉本町駅
徒歩3分

三和ビル

三和ビルの画像

賃料
3.6万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区長居2丁目5-17
交通
長居駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.3万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

トップへ戻る

なにわシンデレラが選ばれる3つの理由

  • VRを活用した
    独自の集客力で
    客付け力UP!
  • 仲介業者との密な
    連携でスピード感
    のある空室改善
  • 経験豊富なスタッフ
    だから家主様第一の
    丁寧な対応

YES/NOチェック診断

Copyright(c) なにわのシンデレラ株式会社 All Rights Reserved.