06-6115-1177

営業時間:09:00~18:00 

定休日:水曜日

メニュー

なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理している方必見!家賃滞納とはどのような状態か解説

賃貸管理している方必見!家賃滞納とはどのような状態か解説

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

賃貸管理している方必見!家賃滞納とはどのような状態か解説

賃貸住宅を管理している方のなかには、家賃滞納に悩んでいる方も多いでしょう。
ここでは、賃貸管理時に悩む家賃滞納とは何か、回収の流れについて解説していきます。
賃貸管理中の方はもちろん、現在悩んでいる方はぜひチェックしておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸管理している方必見!家賃滞納とは

家賃滞納とは、毎月支払うべき家賃を支払っていない状態のことです。
滞納していれば回収しなければならず、回収できない場合は契約解除につながっていきます。
一度の滞納でも「家賃滞納」と言いますが、この時点で強制退去は不可能です。
滞納している場合、まずは支払うように促す、連絡することから始まります。
借主によっては振込忘れ、残高不足に気付いていなかったなど、滞納していたことに気付いていない方も多くいます。
滞納が続くことで信頼関係の破綻につながり、強制退去可能となります。

賃貸管理している方必見!家賃滞納分の回収の流れ

回収の流れは、まず支払いの催促、内容証明郵便による督促状、連帯保証人へ連絡、裁判による差し押さえや明け渡し請求のように進んでいきます。
支払い催促されてすぐに家賃を支払い、解決することがほとんどです。
しかし、内容証明郵便を無視して住み続ける、連帯保証人に連絡しても音沙汰なしの場合は、強制退去へつながります。
これは裁判によって決められるため、逆らうことはできません。

賃貸物件明け渡し訴訟

家賃滞納していることで貸主が困っている、契約内容に反していることで裁判を起こします。
貸主が勝訴することで、強制退去が執行されます。
どうしても強制退去にはなりたくない場合は、事前の催促状や連絡を無視することなく、家賃の支払いをしていればこのような事態にはつながりません。
しかし、連絡がつかない、催促状を送っても音沙汰なし、家賃を支払う気がない場合は、強制退去という結果になってしまいます。
家賃を支払うことなく賃貸物件に住み続けることは契約違反になるため、裁判で借主が勝つことは少ないでしょう。

賃貸管理している方必見!家賃滞納分の回収の流れ

まとめ

賃貸管理時に悩む家賃滞納とは、家賃の支払いが滞っている状態のことです。
単に残高不足や振込忘れな可能性もありますが、支払わない状態が続くことで「契約違反」になります。
契約違反が続くようであれば裁判所へ申し立て、裁判の判決で勝訴することで、借主を強制退去させることが可能です。
このようなことが起こらないことが一番ですが、回収の流れを知っておくことで、もし問題が起こったときに迅速に対応できるでしょう。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件のベランダ掃除は大切!退去時の注意点について解説    記事一覧   賃貸物件申し込み後のキャンセルはどのくらいキャンセル料が必要?|次へ ≫

トップへ戻る

なにわシンデレラが選ばれる3つの理由

  • VRを活用した
    独自の集客力で
    客付け力UP!
  • 仲介業者との密な
    連携でスピード感
    のある空室改善
  • 経験豊富なスタッフ
    だから家主様第一の
    丁寧な対応

YES/NOチェック診断

Copyright(c) なにわのシンデレラ株式会社 All Rights Reserved.