06-6115-1177

営業時間:09:00~18:00 

定休日:水曜日

メニュー

なにわのシンデレラ > なにわのシンデレラ株式会社のスタッフブログ記事一覧 > スマート賃貸は賃貸経営の空室対策になる?メリット・デメリットをご紹介

スマート賃貸は賃貸経営の空室対策になる?メリット・デメリットをご紹介

カテゴリ:家主様向け賃貸管理ノウハウ

スマート賃貸は賃貸経営の空室対策になる?メリット・デメリットをご紹介

近年IoT機器の普及により、インターネットを経由して住宅設備を制御できるスマートハウスのニーズが高まっています。
スマートハウスへのニーズの高まりによって、スマート賃貸への注目される方も増えています。
今回は賃貸経営で空室にお悩みの方に向けて、スマート賃貸とはどのような住宅なのか、メリット・デメリットともにご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸経営でおすすめのスマート賃貸とは?スマート賃貸の住宅設備

スマート賃貸とは、スマートハウスの機能を持った賃貸住宅のことです。
住宅市場で注目が高まっているスマートハウスは、賃貸経営においても今後需要が高まることが予測されます。
スマート賃貸は、スマートロックやワイヤレスドアホンなどの入居者に人気のIoT機器が導入されており、利便性が高いのが特徴です。
住宅設備や家電がインターネットやブルートゥースなどでつながっているので、音声で操作したり、外出先にスマートフォンで操作できます。
さらにエネルギー消費が最適化されるように制御されており、省エネも可能です。

賃貸経営でおすすめのスマート賃貸のメリット・デメリット

スマート賃貸はメリットが多く、賃貸経営においては空室対策に有効です。
現在はまだスマート賃貸は一般的ではないので、他の賃貸物件と差別化が図れます。
スマート賃貸の利便性・セキュリティ性の高さは入居者にとって大きなメリットなので、一度入居すると長い期間住み続ける方も多いでしょう。
とくに、テレワークの浸透や副業の奨励などにより、自宅の快適さを求める方が増加しているので、今後ニーズが高まることが予測できます。
またスマート賃貸の管理会社は、管理料が相場より安いこともメリットの一つです。
一方で、スマート賃貸のデメリットは導入に多額のコストがかかるところです。
そのため、IoT機器の導入にはコストパフォーマンスを重視することが重要です。
大規模なリフォームが必要のないIoT機器を選んで導入することで、コストを抑えながら賃貸物件のスマート化が可能になります。
また、IoT機器を導入することで故障リスクが高まることもデメリットの一つです。

賃貸経営でおすすめのスマート賃貸のメリット・デメリット

まとめ

今回は賃貸経営で空室にお悩みの方に向けて、スマート賃貸とはどのような住宅なのか、メリット・デメリットともにご説明しました。
スマート賃貸は空室対策に効果抜群ですが、高価な設備を導入するのは負担が大きく、故障リスクもあります。
コストパフォーマンスが高く、入居者に人気のIoT機器を選んで導入するのがおすすめです。
私たちなにわのシンデレラは、大阪市の賃貸物件を中心に取り扱っております。
お客様のニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産所有で必要になる賃貸管理とは?業務内容もご紹介!   記事一覧   賃貸不動産経営管理士とは?その役割についてご紹介!|次へ ≫

 おすすめ物件


杉本町グランドハイツ

杉本町グランドハイツの画像

賃料
5.2万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内3丁目8-30
交通
杉本町駅
徒歩3分

三和ビル

三和ビルの画像

賃料
3.6万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区長居2丁目5-17
交通
長居駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.3万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

浪速コート

浪速コートの画像

賃料
5.5万円
種別
マンション
住所
大阪府大阪市住吉区山之内2丁目1-13
交通
杉本町駅
徒歩5分

トップへ戻る

なにわシンデレラが選ばれる3つの理由

  • VRを活用した
    独自の集客力で
    客付け力UP!
  • 仲介業者との密な
    連携でスピード感
    のある空室改善
  • 経験豊富なスタッフ
    だから家主様第一の
    丁寧な対応

YES/NOチェック診断

Copyright(c) なにわのシンデレラ株式会社 All Rights Reserved.